MENU

片目奥二重の私が二重になりたくて使ったメザイクが残念だった件

結果大失敗したというストーリーを3行で

幅広二重になりたくて悩んでいた私がメザイクを使ってみたけれど使いこなせなくて失敗した

商品・サービスを使用するまでの経緯

奥二重と一重を合わせもつ私は昔から悩んでいました。周りの女の子はぱっちり幅広二重で、綺麗に見えるし可愛らしい。化粧映えもするし羨ましい限りでした。私も化粧は頑張っていましたが、アイシャドウは塗っても腫れぼったく見え、アイラインは引いても重たいまぶたに隠れて見えず、ツリ目に拍車がかかる(私はキツネのようなツリ目です)。化粧もしたくないという気持ちでした。ぱっちり二重なら可愛く見えるかな。でも整形するのは怖くて勇気が出ない。そんな時に友達に教えてもらったのがメザイクでした。その友達も元々一重で日頃から付けているとのこと。「これ付けたら変わるからやってみ!」と背中を押してもらったのがきっかけで購入することにしました。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

メザイクは収縮性と粘着力がある極細の繊維をまぶたに貼り付けて、繊維が縮む力を利用して二重まぶたのラインを作り上げるのが特徴の化粧品です。極細の繊維でできているので伏し目がちになっても目立たず、自然な仕上がりになりやすいそうです。シリコンゴムの中に繊維が入っているので、両端を引っ張って張りつめた状態でまぶたにくっつけ、余った部分をカットするだけで自分好みの幅広二重が作れます。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

自分好みの二重幅に仕上げるためには少しコツがいるようで、慣れるまでは綺麗なラインを作るのが難しいです。変なところにくっついて剥がしたら粘着力が弱くなっている。当然捨てることになります。仕方ないですけどもったいないですね。私にはたくさんの練習が必要でした。元々起用ではないので余計練習がいる感じでした。上手に貼れても私にはまだ難関が。最後の余った繊維の処理が思ったより大変でした。普通の大きさのはさみでは切りにくいので、小さいはさみを使うのですが余計に難しい。普段使い慣れていないので尚更です。慎重にやるとはさみにくっついて切れない。思い切りやるとまぶたから出血。こうなってしまったら化粧どころではありませんでした。上手に貼れて化粧もばっちりできる時もありましたが、片目奥二重の方がだんだん元の二重幅に戻っていくことがありました。せっかく上手くいったのに。化粧して遊びに行っても頻繁にトイレに行って鏡とにらめっこしていました。

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

私がメザイクを使いこなすには時間と労力とお金がいりました。私のような器用さに自信のない人にはおすすめしません。たくさん練習すればできるようになると思いますが、私は挫折しました。これ以上時間はかけられないと思ったからです。あとは金銭面です。きっとメザイクはドラッグストアなど店頭で買うと思うのですが、メザイクの周りにもいろんな商品があるはずです。1番安いものならアイプチでしょうか。のりでまぶたを接着するタイプなので、皮膚が強いタイプの人ならそちらをおすすめします。あとはアイテープもありますね。アイテープは粘着部分を半分に切って使用すると、高確率で自然な二重を作れました(あくまで私の場合ですが)。アイプチもアイテープもメザイクより安いんです。まずは安価な物から始めてみるのも悪くないと思います。メザイクはそれらよりは少し高めです。結局どれを使うにしても練習をしなくてはいけません。綺麗に見せるには練習あるのみ。捨てることになっても諦めがつくものを選んでほしいです。

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする