MENU

二重線が薄い私がクッキリ二重のために使ったKATEダブルラインフェイカーで失敗

結果大失敗したというストーリーを3行で

二重ではあるのですが、うっすらとした線でぼんやりした目元に悩んでいました。そこで、KATEのダブルラインフェイカーを使うことでクッキリとした二重を目指しました。ダブルラインにアイシャドウ(特に茶・黒などダーク系)を先でも後でも使うと目を閉じた時に二重線が描かれていると一発で分かるほど浮き出てしまい、「宝塚メイクみたいになってる」と友人に笑われてしまいました。涙袋も「描いている」感じが凄く出てしまい、失敗でした。

商品・サービスを使用するまでの経緯

私は二重なのですが、昔から友人や家族にも「眠そうだね」、「ちょっと疲れてる?」と言われるほどぼんやりとした目元に悩んでいました。そのせいで、特に初対面の人と会う時は、自分の目元によってマイナスな印象を持たせてしまったらどうしよう……と不安なことが多いです。そんな時にSNSでダブルラインを際立たせたり、涙袋を作れる「KATEダブルラインフェイカー」が話題になっていたので、興味を持ちました。実際に使っている人のレビューやメイク後写真なども見て、私もこれを使えば少しは目元の印象を変えられるかなと思い、1本の金額もそこまで高くなかったため、購入しました。最悪、ダブルラインが上手くいかなくても涙袋に使えばよいかと思ってもいました。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

「ふたえをリメイク」のキャッチコピー通り、今ある二重を生まれ変わらせる商品です。一応アイライナーとして販売されていますが、二重ライン専用の商品で色味は極薄ブラウン。普通のアイラインとしては使えません。二重線や二重から目尻にラインを足すように描くだけで、二重を強調させ、クッキリとした目元になり、目を大きく見せることが出来ます。先端は極細のペンタイプなのでラインを描きやすいです。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

極薄ブラウン自体は嘘ではなかったのですが、ダブルフェイカー単品ではなく、アイシャドウとあわせた時に一気に不自然に。元々私がピンクやオレンジなどの暖色系よりもブラウンやブラックなどのダーク系が好きだったこともあり、アイホールにアイシャドウをのせた途端に二重線の上に引いたダブルフェイカーの後がクッキリと浮き出てしまいました。確かにクッキリ二重にはなりましたが、明らかに「描いている」いかにも嘘っぽい二重に仕上がってしまいました。友人からは「宝塚メイク」と笑われるほどで、自分で鏡を見てもこれは酷いな……と思いました。目を開いている時はまだ良いのですが、特に目を閉じた時(瞬きの際など)にバレバレの二重線が浮かび上がってしまうのが、どうしようもありませんでした。そこで二重アイライナーとしてではなく、涙袋を描く用として使ってみたのですが、こちらも「描いている」のがバレバレな仕上がりになってしまいました。

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

特に私と同じように、ぼんやりした目元で購入を迷っている方は、まず普段の自分のメイクを確かめてからにした方がいいと思います。私のように化粧がダーク系が好きならば、絶対にやめた方が良いです。多分ぼんやりしている人はクッキリさせるために暖色系ではなく、メリハリを出せるダーク系を使っている人が多いかなと思います。まだぼんやりしている方がマシだと言えるくらいに不自然な「描いている」二重に仕上がってしまいます。明らかに自然な感じではなく、人工的な二重になってしまい、クッキリはしますが、良い方向に向かうことはありませんでした。ダブルフェイカーを使う前にアイシャドウをつけてみたり、使った後にアイシャドウを使ってみたりと色々と試してはみたのですが、どうしてもダメでした。ダブルフェイカー単品なら問題ありませんでしたが、それだと他にメイクが出来なくなってしまうため、ダブルフェイカーを使う前よりも目が小さい印象になってしまうので元も子もありません。ダブルフェイカー+マスカラのみも試しましたがNGでした。下地は全くしていないすっぴんに近いのにガッツリマスカラだととても不自然で……。

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする