MENU

二重の私が二重幅を広げようとアイテープを使用した結果奥二重になった

結果大失敗したというストーリーを3行で

元々私は二重だったのですが、平行二重になりたく、100円ショップのアイテープやルドゥーブルを使用したら瞼に余計な線が癖ついてしまい奥二重になってしまいました

商品・サービスを使用するまでの経緯

これまで私はアイプチをするという経験がなかったので、まずはとにかく色々調べてみようと思い、美容系YouTuberのアイプチ動画を見漁ったり、クチコミサイトでアイプチのクチコミを見たり、SNSでのアイプチ関連の投稿を見ると、100円ショップのアイテープやルドゥーブルの2つが、特に多くの方が使用していました。また、友人にも何人かアイプチをしている子がいて、その子たちも100円ショップのアイテープやルドゥーブルを使っていると聞いたため。多くの人が利用しているものなら「信用出来る!」「大丈夫じゃないかなー!」と思い、まずは試してみようという気持ちで100円ショップのアイテープやルドゥーブルを購入してみました。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

100円ショップのアイテープは片面のみが粘着部分となっていて、引っ張ると伸びるもので、それを瞼につけることで、線がつくというような商品でした。ルドゥーブルはスーパーハードウォータープルーフタイプというもので、汗や水に濡れても落ちにくいというのが、この商品の特徴だったようです。また、ルドゥーブルは筆がとても細く塗りやすいところも特徴の一つではないかなと思いました。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

100円ショップのアイテープは、やはりテープなので目立ちやすく、癖付けとして使用するならいいものの、それを付けて外へ出かけるということは私はできないなと使用していて感じました。また、かなり瞼への負担も大きく、粘着力が強いので剥がす時瞼が引っ張られて痛い思いをしたり、何度か使用しているとまぶたが赤く荒れているということもありました。ルドゥーブルはのりタイプのものなので1度塗る場所を間違えてしまうと、変なところに癖がついてしまって、塗り直しをしなければならないのがとても大変でした。また、これも粘着力が強いため瞼への負担が強いなと感じました。ルドゥーブルはアイプチ初心者が扱うには少し難しいのでは無いのかなと使用して思いました。100円ショップのアイテープ・ルドゥーブル両方を使用した結果、最初は順調に癖がついてきていたのですが、使用日数が経っていくと共に、まぶたの荒れ、そして付いた新しい線の影響で奥二重になってしまうという失敗をしてしまいました。

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

二重幅を広げよう、一重から二重になりたい、アイプチをするきっかけは様々あると思います。アイプチをしたことのない方で初めてアイプチをはじめるという方は、今は様々なアイプチのタイプがあり、たくさんの商品が販売されているので、どれを買えばいいのか迷う方も多くいらっしゃると思います。そんな中で、今回私の言った100円ショップのアイテープとルドゥーブは粘着力がとても強く瞼への負担が大きく、瞼が荒れてしまったり、腫れぼったくなったり、まぶたが切れてしまい出血するということも私はありました。ルドゥーブルに関してはウォータープルーフなのにも関わらず、部活をしている時や夏場に汗をかくと、すぐ落ちてしまうことが多々ありました。このように使用していてデメリット・短所のほうが、私は多く印象に残ってしまっているので、100円ショップのアイテープとルドゥーブルを購入しようかと迷われている方には、この2点を私はおすすめできません。

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする