MENU

腫れぼったい一重瞼を二重にするために、D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントを使用したが肌荒れをしたので結局皮膚科に通うはめに

結果大失敗したというストーリーを3行で

私は腫れぼったい一重瞼で悩んでいたので、D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントを使うことになりました。
D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、接着タイプなので短時間で二重の幅を作ることが出来る商品です。
私は皮膚が弱く、瞼が厚いので、皮膚に負担が掛かるD-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは失敗でした。接着した部分が目だってしまうので、失敗したと思いました。

商品・サービスを使用するまでの経緯

私は瞼が厚く、腫れぼったい一重瞼で悩んでいたので、両面接着タイプのD-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントを購入しました。両面接着タイプは、くっきりとした二重のラインを作りやすいと聞いていたので、試してみることになりました。D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、友人や知人も使用しており、とても自然な印象なので、高い関心があったので使ってみたかったです。D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、両面接着タイプなので、初めてでも使いやすい商品ですが、私は皮膚が弱くデリケートなので、使用後は皮膚が赤くなったり、痒くなることが多かったです。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、両面接着タイプの商品なので、初めてでも使いやすい商品です。瞼が厚いときれいな二重のラインを作るのが、やや難しいと感じました。D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、どちらかというと、瞼が薄い人向けの商品です。D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、朝の忙しい時でも短時間で二重のラインを作ることが出来る商品です。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、両面接着タイプの商品なので、人気が高いですが、瞼が厚い私にはあまり向いていませんでした。どちらかというと、皮膚が強く、瞼の薄い人向けの商品です。私は皮膚が弱くデリケートなので、接着タイプの商品を使用すると、皮膚に刺激を感じることが多かったです。繰り返し使用していると、皮膚が赤くなったり、痒くなってしまったので、皮膚科に通院をしなければならなくなりました。目元はかぶれると、見た目の印象が良くないですし、通院期間が長引くことがあります。皮膚が弱い人は、接着タイプの商品は使わないほうが良いと思います。接着タイプの商品は、気軽に使えますし、短時間で二重の幅を作ることが出来ますが、接着部分が目立ちやすい傾向があります。私はあまり上手に使うことが出来なかったので、接着タイプよりは、非接着タイプのほうが向いていると思いました。D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、値段は安いですが、あまり使わないほうが良いです。

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、皮膚が強い人、瞼が薄い人には向いている商品です。問題なく使用出来る人もありますが、皮膚が弱く敏感な人、かぶれやすい人、瞼が厚い人は使用しないほうが良いと思います。D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは、接着タイプなので、気軽に二重の幅を作ることが出来ますが、現在は非接着タイプのほうが人気があり、肌荒れもしにくくなっています。私は皮膚が弱く敏感なので、毎日接着タイプを使用していると、皮膚に負担が掛かってしまいます。皮膚が赤くなったり、痒くなってかぶれてしまうと、皮膚科に通わなくてはならないことがあります。目元が赤くなったり、痒くなると見た目が良くないだけでなく、非常に不快なので治るまでストレスを感じてしまいます。皮膚科に通院をする時間に余裕がない場合は、D-UP(ディーアップ)ワンダーアイリッドテープ ポイントは使わないほうが良いと思います。

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする