MENU

重たい一重の私がデカ目のために使ったアイプチで皮膚が伸び伸び!さらに目が小さくなった?!

結果大失敗したというストーリーを3行で

かなり重たい一重で悩んでいた私がアイプチを使うことによって瞼の皮膚が伸びてすっぴんの目がもっと細くなってしまった

商品・サービスを使用するまでの経緯

中学校3年生のころ二重の子がかわいいと感じていて、自分の一重で悩んでいるときに、雑誌でメザイクやアイプチで二重にする方法を読み、やってみようと練習をし始めたのがきっかけです。周りの友達にも二重や奥二重の子が多く、目がくりくりしていてうらやましい気持ちがずっとありました。私の目は細く、笑うと線になるほどで、そのころからメイクを始めましたがまつ毛の生え際が下を向いているためマスカラを塗ろうにもまつげがあがらないことも悩みでした。友達にアイプチをしている子がいたのでやり方やどこで買えるかを聞いて、練習が必要だということも知りました。いざ一度アイプチをすると、不自然ではあるけれど写真やプリクラにかわいく写れた気持ちになり、毎日するようになっていきました。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

私が使ったアイプチは、白いのりをまぶたに塗って、ある程度乾いて透明になってきたころにプッシャーを使って押し上げて二重に見せるものでした。完全に乾いてからだと私はやりにくかったので、乾ききる直前に押し上げるとうまくいきました。メザイクも使おうとしましたが重たい一重の私には使えずすぐに取れてしまったので、のりタイプのほうが使いやすかったです。また、刷毛でぬれるため持ち運んで二重をやり直すこともできました。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

重たい一重をアイプチののりで無理やり折り目を作って二重にしていたので、その押し上げていた部分の皮膚が伸びてしまい、アイプチをとった時のまぶたがかなり重くなりました。アイプチを始める前よりもまぶたが伸びてしまったためすっぴんの目はさらに小さく見えてしまい、かなり後悔しました。そして、アイプチをとった状態の自分の目が嫌だったのですっぴんでもアイプチをしたり、夜も塗ったまま寝て跡がつかないか試したりするなど常に何年もの間アイプチに依存している状態になってしまい、さらに悪化して皮膚が伸びていってしまいました。アイプチは水にぬれると落ちてしまうこともあり、プールの授業や友達と海に遊びにいくとき等に落ちてしまわないか心配で、すっぴんの目を見られることが嫌でそこもストレスになっていきました。アイシャドウを上から塗ると不自然に光ってしまったり、まばたきをするときに不自然に目が動いてしまうので、アイプチをしていることは周囲にもバレていました。

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

重たい一重に悩んでいる気持ちはわかります。周りの友だちや有名人、インフルエンサーで一重でかわいい人ってあまりいないように感じますよね。私もずっとコンプレックスでした。ただ、のりで二重を作るアイプチを使ってしまうと、その重たい一重の皮膚が伸び切ってさらにすっぴんの自分に自信がもてなくなってしまいます。そして、何度も伸び切った皮膚にのりを塗ることで、顔の中でも最も皮膚が弱い目の周りの皮膚を傷つけ続けてしまい、かゆみや赤みが出ることも続くこともあります。二重にするなら、目頭に少し塗って型を付けるものや、テープタイプのものもあります。まずはそれで様子を見て、お金をためてプチ整形という手段も視野に入れても良いかと個人的には思います。すっぴんの自分も愛せるように、自分の肌を傷つけてしまわないように肌に優しい方法でかわいくなる方法を探してみてほしいと思います。コンプレックスを解消しようと努力することはとっても素敵なことだと思うので、後悔しない方法をぜひ慎重に探してみてくださいね!

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする