MENU

素肌タッチのふたえテープ ナチュラルアイテープはナチュラルにはならない!

結果大失敗したというストーリーを3行で

1「重たいかぶさった一重まぶたで悩んでいた私が」2「ナチュラルアイテープを使って自然な二重まぶたにしようとしたら」3「不自然でたるんだまぶたが更に目立つハメになりました

商品・サービスを使用するまでの経緯

かぶさった重たい一重まぶたが、陰湿な印象を与えており、少しで良いから自然な二重まぶたでイメージを払拭したいと思い、初心者なので二重まぶたテープを購入してみることにしました。初めは、両サイドを引っ張りながらまぶたに押し当ててつけるテープを溜めしてみたものの、うまくできず、粘着も弱く、失敗ばかりでテープだけが無駄になってしまいました。そのため、もっと簡単なテープにしようと思い、ナチュラルアイテープを見つけ、試してみる事にしたのです。肌色なので、目立ちにくそうな点と、ある程度幅があり、つけるだけで良さそうな点が気に入って買いました。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

テープの表面はサラッとしていて、肌色であり、幅があるため、そのままつけるだけで二重まぶたになる商品です。アイメイクも上からある程度でき、粘着は強めではないものの、朝から夕方まできちんと剥がれず残ります。貼った部分からまぶたが織り込まれるようなタイプで、貼っている部分については違和感はほとんどありません。他のものに比べて、シートから剥がしやすく、すぐつける事ができます。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

私のようなかぶさった一重まぶたの場合、テープの幅が決まってしまっているため、その部分しかフラットになって織り込まれないため、テープからはみ出たまぶたの皮膚がよれてしまい、不自然なシワやたるみが入ってしまいます。また、アイメイクもテープとまぶたの境目が意外とくっきりしてしまうため、テープをつけている事が目立ちやすいです。まぶたのかぶさり具合によっては、うまく織り込まれない時もあり、簡単ではあれど、綺麗さはほとんどありません。

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

普通の一重まぶたのかたは扱いやすいかもしれませんが、重たくかぶさっているような一重まぶたのかたには不向きな商品です。幅が決められているため、貼る位置によって、テープが貼られていない周りのまぶたの皮膚にシワや盛り上がりができてしまいます。アイメイクもしっかりやりたいという場合においても、テープの上からですと、テープを貼っている感が強くなりますし、テープ本体にアイシャドウの色ものりにくいです。他にも類似品はありますが、塗って織り込むタイプの方がまだ良い気がします。

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする