MENU

奥二重の私がぱっちり二重なはなるために使ったリキッドタイプの二重アイテムで失敗した話

結果大失敗したというストーリーを3行で

奥二重で目つきが悪く悩んでいた私が、二重になるためにリキッドタイプのアイテムを使ってみた結果やはり二重にはならず無駄だった

商品・サービスを使用するまでの経緯

完全な一重というわけではありませんが、本当に気持ち程度の奥二重でほとんど一重に近い状態でした。小学生の高学年になった頃から気になりだし、ぱっちりした二重の友人に憧れを持っていました。目つきが悪いと周囲から言われたり、怒っていないのに機嫌が悪いのか聞かれることも多くて歳を重ねるごとにコンプレックスになっていきました。二重に憧れていても美容整形をするのは勇気がいるし、何か良いアイテムはないかなと探していた時に知ったのが、リキッドタイプのアイプチの存在です。塗るだけなら簡単で良いなと感じたし、折角使うならしっかり効果も欲しいしいつか本物の二重になれば良いなという気持ちでハードタイプでしっかりクセ付けできるものを選びました。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

リキッドタイプのアイプチで昼間はもちろん夜にも使えてクセ付けの力が強いハードタイプです。まぶたを閉じている状態でも使える強い粘着力があるので、夜寝ているときにもクセ付けることが出来ていつか自然な二重形に入る人もいるタイプのものでした。液が出てくるまでダイヤルを回して二重にしたいラインに沿ってなぞるだけなので、不器用でも使えて失敗しにくいタイプで使いやすいアイテムです。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

なぞるだけなので簡単で初めてでも失敗することはないかなと思っていましたが、最初は早く線を引きすぎたのか二重の跡がつきませんでした。何回かチャレンジして成功しましたが、失敗するたびに一度拭き取っていたので少し面倒に感じてしまいました。目元が少し引っ張れる感じがして違和感があったことや、液を塗ることで目元がツヤツヤと光ってしまうのでメイクを後からするとそこだけアイシャドウのノリがイマイチで違和感があったのも少し考えものでした。昼間にできないなら夜に使えば良いかなと思いましたが、夜に使うと目元の違和感が気になってしまい、なかなか寝付けなかったので数日で断念しました。値段的には安いし物は試しという気持ちから購入しましたが、奥二重だからイマイチな仕上がりになってしまったのか、不器用なせいなのかはわかりませんが臨んで当たる二重にはなりませんでした。ハードタイプで粘着力が強いことに惹かれましたが、そのせいか目元が少し赤くなってしまいました。

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

肌がデリケートな人は目元に使うハードタイプのリキッドは使うべきではないかなと思います。肌トラブルのリスクがあるのに、希望する二重になるか分からないとなれば避けた方が良いと思うし、使うならまずはハードではないタイプから試すべきかなと思いました。日中には目元が光ってしまい他人から違和感があると言われたり、指摘はされなくても二重にするためのアイテムを使っているんだなとバレてしまい恥ずかしい思いをする可能性も高いです。夜に使えば良いのではないかと思いがちですが、夜に使うと他人にはバレなくても違和感から熟睡することができず寝不足になる可能性も高まります。リーズナブルで手軽に使えるアイテムなので良いかなと思いますが、結果的に希望から二重にならなければ無駄使いになってしまうし、それなら余計なお金を使わずに貯めておいて美容整形した方が手っ取り早いのではないかなと感じます。目元のことなので慎重になるべきだし、肌トラブルのリスクは頭に置いておくべきです。

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする