MENU

重たい一重の私が二重にする為に使ったeye talkでまぶたがたるんだ

結果大失敗したというストーリーを3行で

遺伝のためか重たい一重まぶたに悩んでいた私が二重にしやすいと思い選んだeye talkを数年使ったことでまぶたの皮膚がたるみ、二重にもできなくなってしまった

商品・サービスを使用するまでの経緯

一重に悩み始めたのは中学生になったころで、当時、同級生の一重女子たちが使っていて知ったのがこのeye talkという二重のりでした。他にもメザイクや二重テープなども試しましたが私の重たいまぶたは二重になりませんでした。そのため、このeye talkを選んだのですが、結局これが一番コストパフォーマンスも良かったなと思っています。当時はまだアルバイトも出来ずに限られたお小遣いの中てのやりくりだったのでありがたかったです。ですがeye talkも使い始めは難しくて上手く二重にはならず、すでに使っている友達に教えてもらいながらなんとか二重に出来るようになっていきました。器用でないとなかなか使いこなすまでに時間がかかったかなと思います。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

eye talkは重ねて塗ったり、乾かし具合などで自分の二重に合わせて調整して使うことが出来るので、私の重たいまぶたもしっかり二重にしてキープしてくれましたし、さらに、プッシャーを上手く使えば自分好みのラインに沿わせやすく、なりたい二重も作りやすかったので日々大活躍でした。この商品は3年間ほどほぼ毎日使っていました。持ちも良く、一日中キープしてくれるのでお直しもほぼしませんでした。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

eye talkは水に濡れることやこすれたりすることに弱いので、プールの授業がある日やプライベートで海に行く日などには向かないし、万が一目に異物が入ったり眠たいと感じたときにも目を擦ることは極力避けていました。そういう面ではストレスや不便さも感じていましたね。また、のりなのでかぶれることもありました。上手くくっつかなければ一度流さないといけないので、調子の悪い日はかなり苦戦して、何度ものりを塗ったり剥がしたりしていたからだと思います。時間もかかるので、毎朝のストレスになる作業ではありました。でも当時はそれでも可愛くなりたいので繰り返し使用してしまっていましたが、こうして3年をすぎた時にその代償として、まぶたの皮膚が伸びてしまい二重のりでも二重にならなくなってしまいました。結果、一重の姿も以前よりひどくなり、なんとなくまぶたは黒ずんで不健康に老けた目元の印象になってしまって、かなり後悔しました。

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

当時は今から15年以上も前のことで、二重にする手術代も高かったですが、今は安いので埋没法などで簡単に二重にすることが出来ますし失敗してもやり直せるので、初めからお医者さまに相談をして二重手術をすることをお勧めすると思います。私の場合は、高校1年生のときにそれまでのお年玉を使って、親の承諾を得て埋没法を行いました。ですが、その時にはまぶたの皮膚がたるんでいたので一番安い埋没法では二重に出来ないと診断されて、脂肪吸引も行うことになりました。メスを入れることにはならなかったのですが、糸で縫うだけと思って色々と調べて行っていたので、突然の提案にかなり怖く思いました。私は3年間のeye talkの使用でこうなったので、もっと長く使っていれば眼瞼下垂などの病気になっていたかも知れません。その後、この時にした埋没法は12年ほどキープしてくれました。埋没法で二重のイメージがわかっていたので、その後に切開法で二重にする時も怖くなく出来て良かったと思っています。

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする