MENU

卒業アルバムから記念写真まで残る昭和の写真事情と一重時代の過去

結果大失敗したというストーリーを3行で

典型的な一重瞼で切長、写真写りが悪かった私が、アイプチにハマったことで疑似二重を実現しました。しかし、アイプチは少量で販売しているものが多く、毎日使うために購入すると高額になるので諦めたこともありました。また、商品によってはすぐに二重が一重になってしまったり、長時間持続しなかったことで恥ずかしい思いをしたことがあります。

商品・サービスを使用するまでの経緯

学生の頃からずっと悩んでいた写真撮影、写真に映る自分の顔にすごく悩んでいた私が、当時ギャル系のクラスメイトから流行っていたアイプチを教えてもらったことで、二重瞼への憧れから、擬似二重を作る優越感を覚えるようになりました。プラスチックの筆で作りたい二重の大きさを調節できたので、毎日鏡を見ながらベストな二重を作り出すことに夢中になっていました。糊のような粘着剤は敏感で薄い肌に刺激がない商品を選び、ファッション雑誌のクチコミや店頭に並ぶ新商品の確認に余念がありませんでした。簡単に二重になることで写真写りも良くなり、学生時代からアルバイトをして欠かさず購入するようになりました。またアイプチで二重にしたことで、彼氏もできたので自信が持てるようになったことがきっかけです。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

コージーのアイトークスーパーホールドは、アイメークの老舗コージーが販売しているアイプチです。値段がとても手頃で手軽に使うことができるので、一重の人が二重の快感を手にするのにとても便利です。アイトークのラインナップは粘着力がキープできるフォータープルーフで自然な二重を演出できるシリーズから、メイクアップの一部として使用できるアイテムもあります。肌に刺激の少ない糊タイプやテープタイプがあることも特徴で、好みに合わせて選ぶことができます。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

二重を作り出すテクニックは単に1人よって異なるとしか言いようがありません。一重瞼でも皮膚が厚かったり、切長だったり、目の大きさも異なることから合う合わないの差は大きいてす。薄い皮膚の瞼は比較的二重も作りやすく、長時間のキープもしやすいかもしれませんが、特に重い瞼の場合は粘着時間がかかるか、日によっては粘着力が弱い場合があります。逆に粘着性が強いタイプを選ぶと、剥がすために皮膚に負担をかけてしまうので、アイメークをする人にとっては目の周りの負担が大きいです。毎日、二重にする習慣がついてしまうと、就寝時間にも落とさず装着したままになってしまいます。アイプチは永遠の二重を手にする商品ではありません。一時的に二重にすることを可能にするアイテムなので、場所に応じてうまく使用することが重要です。瞼がカプれたり、刺激によって視力が落ちたり、カラコンと平行に使用する女性も増えているので、商品選びから使用まで慎重になることが重要です。

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

昔から二重の憧れは強い日本人ですが、一生残るアルバムや写真を見て二重にしたい女子は後を経ちません。また、時代によって持てる女性も二重の方が印象や写真写りが良いので否定できませんが、ある程度メイクのテクニックをあげた方が効果的です。アイメイクや(カラー)コンタクトに加えてアイプチを一緒に使うと目の周りや目自体への負担はすっぴんの人よりも遥かにリスクが高くなってしまいます。一時的な使用目的で購入しても、二重になることへの優越感から手放せなくなる友人もいました。また、アイプチをして初対面で会う人にとっては二重の自分が当たり前になってしまい、特に恋愛面では本来の自分の顔を曝け出すことへ抵抗感が生まれたり、一重の自分の顔が受け入れられなくなるかもしれません。アイプチ依存に陥ると次第に整形をしたいという願望が生まれます。アイプチで二重にしている人ほど二重瞼の整形率が高くなっていると言われるので、身近な人に相談することもお勧めします。

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする