MENU

重い奥二重の私が二重になるために使ったアイテープが不自然すぎた

結果大失敗したというストーリーを3行で

重い奥二重で悩んでいた私が絆創膏を切って作ったアイテープを使うことによってめちゃくちゃ不自然な二重になった話

商品・サービスを使用するまでの経緯

中学校に上がり女の子はみんな容姿を気にするようになって、私もその1人で鏡の前で自分の顔をまじまじと見てどこが顔のバランスを崩している原因だろうと考えていました。すぐに自分の顔の1番のコンプレックスは腫れぼったくて重たい奥二重だと自覚しました。友達の中には綺麗な二重の子もいたけれど中には私と似たような目をしている子もいて、そういう子と綺麗な二重になる為にはどうすればいいのか当時買ってもらったばかりの携帯でそれぞれ調べて学校の帰り道や休日に集まって情報を共有するようになりました。そこで目にアイテープを貼る事で一重や奥二重の人でも二重にできることを知り自分の目でも試してみてその後ずっと使用する事になりました。

【特徴】使った商品・サービスの特徴

私は色々なアイテープを使用したことがあります。例えば100円均一に売っている一般的な物やネットで購入した両面シールになっている物、水に濡らす事で透明になる物などです。けれど私が1番使用していたのは絆創膏です。伸びもいいし中でも自分の目に合った幅に好きなように切る事が出来るからです。絆創膏なので一回買ってしまえば短くても3ヶ月は待つのでコスパも1番良かったです。

【デメリット・短所・失敗】使った商品・サービスで結果どのように失敗した?

中学高校と6年間使用し続けその時はこれで完璧だと思っていたのですが、当時の写真を見てみると明らかにテープ貼ってます!というめちゃくちゃ不自然な目をしているしテープを貼ったところで顔が良くなっているわけでもありせんでしたし、日常生活で良い方向に変わることもありませんでした。さらに長い期間まぶたにテープを貼っていたので、まぶたが完全に伸びてしまって目に覆い被さることで目つきが悪くなりました。周りの人にも顔が怖いよとか何を考えているか分からないと言われた事もあります。以前はそんな事言われた事なかったので結構ショックでした。そして目付近は皮膚が薄くて凄く敏感なので、たまに触りすぎで腫れてしまったり炎症を起こしてしまい目が痛くて痒くてどうしようもない日々を過ごした事もありました。今振り返ると朝起きてアイテープを付ける時間は凄く無駄で、その無駄だった時間をなにか他に有効に使うことも出来たなと後悔しています、

二重になりたいといろいろと試してるあなたへ

アイテープを使用して二重を作って可愛くなる子はいますがそれは一握りに過ぎません。自分の力で綺麗な二重を作るのはそんなに容易なことではないのです。私はアイテープを使用してまぶたが伸びてしまいました。伸びてしまってから後悔しても後戻りはできません。そして最終的に私は整形をしました。ちまちまアイテープを貼っている無駄な時間を過ごすより思い切って二重整形をすれば、快適な毎日を過ごせます。世間はまだ整形に対して厳しいですが、今の若者はみんなやっています。私はお医者さんにお任せして綺麗な二重を手に入れる事ができました。周りからも綺麗だねと言ってもらえるようになり、今は人生が楽しいです。でもやっぱりアイテープをせずにナチュラルな目で過ごすのが1番かと思います。今は自分の目を好きになれなくても、大人になるにつれてそんな悩んでいた事があほらしいと思うようになるかもしれません。アイテープはその場しのぎのアイテムに過ぎません。

まだアイプチで消耗してるの?

・「それでも私はアイプチで頑張る!」って方は絶対にクリックしないでください!

体験談!埋没法で二重にしたら人生変わった

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする